パソコンでテレビ番組を録画 GV-MVP/RX3

れびうぶろぐ



HOME > パソコン > パソコンでテレビ番組を録画 GV-MVP/RX3

パソコンでテレビ番組を録画 GV-MVP/RX3

2007年01月18日  カテゴリ:パソコン

うちではテレビを2年ほど前からビデオキャプチャボードを使ってパソコンで録画しています。

ですが不満に思っていることが3つありました。(安い製品を選んでしまったせいで^^;)
1つ目ソフトウェアエンコードのためにCPUのパワーを結構使ってしまうという点。
2つ目は夏場の録画はパソコン全体の温度が上がってキツいという点です。(高温はパソコンに良くない)
3つ目はサウンドカードも使用しないといけないということです。キャプチャボードからサウンドカードに音を送って、サウンドカードで音を録音するわけです。その間にノイズが入り込んでしまうことがあります。

問題点について

1つ目の問題は8ヶ月ほど前に買い換えたパソコンであまり問題ではなくなりました。 元々はAthlonXP 2500+を使用。その後Athlon64 X2 3800+に買い換え。 デュアルコアになったおかげで他の作業をしながらでも余裕で録画できるようになりました。 以前はちょっと他のことで負荷をかけると録画に影響が出てたのに。

ですが2つ目の問題のパソコンの温度についてと3つ目のサウンドカードについては問題が残ったままでした。

Athlon64は負荷によってクロックを変化させることが出来るのですが(自分の場合はCrystalCPUIDで。)、クロックが低い方が発熱は低くなります。
そのためクロックを低い状態にして録画をしてみたのですが・・・・見事に撃沈 orz
やたらカクカクした動きでまともに録画できていません。
なので録画時は必ずクロックは高い状態にしておかなくてはいけませんでした。

1つ前の記事にも書きましたが、サウンドカードを換えたら録画時にノイズが乗ってしまうようになってしまい、せっかく新しく買ったサウンドカードは外してしまいました。

そんなわけ(負荷とサウンド)で新しいハードウェアエンコードビデオキャプチャボードが欲しいと思っていたわけです。
(ハードウェアエンコードの場合はクロックが低くてもきちんと録画できるのかはわかりませんでしたが。)

ビデオキャプチャボード選びのポイントは?

今回新しくビデオキャプチャボードを買うに当たって考慮した点です。
1:ハードウェアエンコードであること。
2:サウンドカードを経由しないで音が録音できること。
3:内蔵用であること。
4:3次元Y-C分離回路やゴーストリデューサなどの画質補正機能があること。
5:出来れば安いこと^^;(15000円以内)
の5点です。

1と2については先ほど書いたことが理由です。
3番目の内蔵用だというのはただ単に外付けの物を使用したことがないので余計なトラブルが起きないようにという理由です。
4番目は録画にしろテレビを見るだけにしろ綺麗な画像が良いですからね。
5番目は・・・・単に金欠なだけです^^;

価格ドットコムで探し始めたんですが上記の条件に当てはまる物がこれでした。

I-O DATA GV-MVP/RX3 MPEG-2エンコーダ搭載TVキャプチャボード
I-O DATA GV-MVP/RX3 MPEG-2エンコーダ搭載TVキャプチャボード
アイ・オー・データ 2005-09-30
売り上げランキング : 483
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

I-O DATAのGV-MVP/RX3という商品です。
先ほど書いた条件5点全てをクリアーしてます。
価格ドットコムでの評価も割と良いようです。
それに今年中にハイビジョン対応のDVDレコーダーを購入しようと思っているのですが、それに対応している点も嬉しいです。
そんなわけで年末に購入しました。


使い勝手


io01.jpg io02.jpg
商品の箱。中身はすでにパソコンに組み込んでしまったので写真は無しです^^;


io03.jpg
予約している番組の確認や、ビットレートについての設定など。


io04.jpg
キーワードやジャンルなどを入力してその条件に引っかかる番組を抽出して予約することが出来ます。


io05.jpg
番組表(専用のソフト)をダブルクリックすれば録画についての設定画面が開きます。


使ってみた感想としては充分使いやすいですね。
良い点は、
*録画中の負荷がほとんど無くなった。
*動画の質も問題なし。
*CPUのクロックを2GHzから1GHzに下げた状態でもカクカクした状態にならなくなった。
*iPodやPSP対応の動画形式にエンコードすることが出来る。
(今のところどちらも持っていないけど^^;)
*画質についての設定が細かく調整できる。
(細かくてよく分からないのであまりいじってないですが^^;)
*サウンドカードを経由して音を録音する必要が無くなったのでノイズの心配が無くなった。

悪い点は、
*番組表の表示が若干見にくい。


こんな感じですね。
悪い点は全然思いつかなかったです。
負荷がほとんど無くなった点が1番良かったかな。
それとサウンドカードを通さないで録音できるようになったので、1つ前の記事で書いたサウンドカードを使っても問題が無くなった点も大きいですね。

ビデオキャプチャボードを買うときはハードウェアエンコードの製品がおすすめですよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ:GV-MVP/RX3 エンコード ハードウェアエンコード ビデオキャプチャ 



投稿者:やすたろ~ | トラックバック(0) | コメント(0)

ページの上へ
コメント
コメントの投稿





ページの上へ
トラックバックURL

ページの上へ









RSS

埋め込み型のRSSリーダーを配布しています。
php5バージョン
php4バージョン
あわせて読みたい


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

プレミアム バンダイ

マウスコンピューター/G-Tune


当サイト内の内容・コンテンツ・画像を無断で複製・転載・転用することを禁じます
Copyright (C) 2006- れびうぶろぐ All Rights Reserved.
Powered by Movable Type プライバシーポリシー