レノボのネットブック「IdeaPad S10e」は予想以上に良かった(使える)

れびうぶろぐ



HOME > パソコン > レノボのネットブック「IdeaPad S10e」は予想以上に良かった(使える)

レノボのネットブック「IdeaPad S10e」は予想以上に良かった(使える)

2009年04月02日  カテゴリ:パソコン

今現在ノートパソコンはレッツノート CF-W2EW6AXRを使用しています。
以前から、CF-W2EW6AXRが壊れてしまった場合はどうしたらいいか考えていました。

そんな中、LenovoIdeaPad(IdeaPad S10e)を試用できる機会があったので、「IdeaPad S10eはCF-W2EW6AXRの代わりになるか」という視点からレビューを書いてみたいと思います。

液晶(画面)について

CF-W2EW6AXR
1024×768ドット 12.1型TFTカラー液晶
IdeaPad S10e
1024×576ドット 10.1型ワイドTFTカラー液晶(光沢あり)

2インチの差はあまり気になりません。
問題は縦のサイズが200ピクセルほど短いことです。
CF-W2EW6AXRの1024×768はほとんど困ることはないのですが、IdeaPad S10eの1024×576はソフトによってはボタンなどが表示しきれないことがありえるんですよね。

見た目にもかなり狭さを感じます。

ただ、外部のモニタへ出力をすることができるので、家ではモニタに接続して使うようにすればあまり不便じゃないかもしれませんね。

ちなみにパソコン自体のサイズは、IdeaPad S10eのほうがかろうじて一回り小さいという感じです。
20090402_pc.jpg
(重さはほぼ同じ)

キーボードについて

特に不便さは感じませんでした。
ただ、タッチパッドが狭いなと感じます。
(たぶん他のネットブックも同じくらいのサイズだとは思うのですが。)

20090402_pc2.jpg
サイズ的には単三乾電池2本分とちょっとという感じです。
CF-W2EW6AXRと比べると少し操作しにくいかなという印象です。

性能について

CF-W2EW6AXRとIdeaPad S10eのベンチマークを取ってみました。

ハードディスクの性能(CrystalDiskMark)
IdeaPad S10e
lenovo01.jpg

CF-W2EW6AXR
CF-W2EW6AXR01.jpg

明らかにIdeaPad S10eの方が速いです。
CF-W2EW6AXRはハードディスクを自分で換装しているのですが、換装する前(元のハードディスク)はシーケンシャルのリードとライトも22MB位でした。
それを考えるとIdeaPad S10eのハードディスクの良さを感じますね。


hdben
IdeaPad S10e
lenovo02.jpg

CF-W2EW6AXR
CF-W2EW6AXR02.jpg

CPUの性能が明らかに違いますね。
IdeaPad S10eは画面の描画が弱いですが、メモリの速度は速いし、ハードディスクも速いです。


CrystalMark
IdeaPad S10e
lenovo03.jpg

CF-W2EW6AXR
CF-W2EW6AXR03.jpg

やはりhdbenと同じ傾向ですね。
CrystalMarkの細かいベンチマーク結果はこちらです。
IdeaPad S10e
CF-W2EW6AXR


あと、同じ動画をCF-W2EW6AXRとIdeaPad S10eで同時にエンコードさせたところ、ほぼエンコード時間は同じでした。

拡張性・その他

ドライブについて
IdeaPad S10eはDVD(CD)ドライブはついていません。
1台目にIdeaPad S10e(またはネットブック全般)を買おうと思っている人は気をつけてください。
CDやDVDで販売されているソフトをインストールすることができません。
1台目に買う場合は外付けのドライブも一緒に買った方がいいと思います。

自分の場合は外付けではないんですが、こちらのような物があるので、余り物のドライブを接続することができるので問題ないです。

ネットへの接続について
どちらも無線LANがついています。(有線でも使えます)
そしてIdeaPad S10eではBluetoothが使えます。
(デバイス同士を無線で繋ぐ通信規格。マウス・キーボード・ヘッドホンなどで使われています。)
自分の場合は、所持しているイーモバイルのS11HTがBluetoothに対応しているので、BluetoothでS11HTに接続してネットをしてみました。
設定はほとんど手間がかからず繋ぐことができました。線なし(USB)で繋ぐことができるのが非常にありがたいです。

拡張性について
CF-W2EW6AXRではPCカードスロット、IdeaPad S10eではExpressCardスロット対応製品を使用することができます。

メモリーカードは、CF-W2EW6AXRではSDだけ、IdeaPad S10eではSD、SDHC、マルチメディアカード、メモリースティック、メモリースティックProに対応しています。
やはり発売時期の差が出ていますね。

USBはどちらとも2つのポートがあります。
もう一つポートがあると良いんですけどね。

IdeaPad S10eはCF-W2EW6AXRの代わりになりえるのか

想像していたよりもかなり性能が良かったです。

・画面サイズ
・DVD(CD)ドライブ無し

上記に少し不満はあるものの、今すぐにでもCF-W2EW6AXRからIdeaPad S10eに乗り換えるのもありだなと思います。
ベンチマークをみれば分かりますが、発売時期が4年近く違うので、IdeaPad S10eの基本的な部分の性能が良いんですよね。
(メモリやハードディスクやメモリーカードのスロットなど)
Bluetoothも使えますし。(Bluetooth対応のネットブックはあまり多くない)

それに、CF-W2EW6AXRは768MBまでしかメモリを積めないのに対し、IdeaPad S10eはメモリは1GBですし、自分で2GBの物に換装ができてしまうようなんですよね。
2GBに換装すれば、ハードディスクにあまりスワップしなくなるはずなので、普段のパフォーマンスに結構影響があると思います(良い意味で)。

それにしても、5万円くらいでこれだけのノートパソコンが買えてしまうんですよね・・・・
メイン機としては厳しいですが、サブ機としてなら十分役に立つ性能です。

IdeaPad購入しようか本気で検討中。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ:CF-W2EW6AXR IdeaPad S10e ネットブック 







投稿者:やすたろ~ | トラックバック(1) | コメント(0)

ページの上へ
コメント
コメントの投稿





ページの上へ
トラックバックURL

ページの上へ
トラックバック

気軽に持ち運べるレノボのネットブック“IdeaPad S10e”体験レビュー&レポート記事です。クリーンなホワイト、シックなブルー、鮮やかなピンクの3色が...

Lenovo(レノボ) IdeaPad S10e体験レビュー&レポート from アフィリエイトSOGO.COM  2009年4月 5日 16:34


ページの上へ









RSS

埋め込み型のRSSリーダーを配布しています。
php5バージョン
php4バージョン
あわせて読みたい


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

プレミアム バンダイ

マウスコンピューター/G-Tune


当サイト内の内容・コンテンツ・画像を無断で複製・転載・転用することを禁じます
Copyright (C) 2006- れびうぶろぐ All Rights Reserved.
Powered by Movable Type プライバシーポリシー