サーモスのタンブラーとケータイマグで暑い夏を乗り切る

れびうぶろぐ



HOME > インテリア・生活雑貨 > サーモスのタンブラーとケータイマグで暑い夏を乗り切る

サーモスのタンブラーとケータイマグで暑い夏を乗り切る

2011年07月04日  カテゴリ:インテリア・生活雑貨

5年ほど前にサーモスのタンブラーを購入しました。

そのときの記事。
THERMOS(サーモス)のタンブラーを購入

それ以来、ほぼ毎日ずっとサーモスのタンブラーを使ってきました。
(他のコップなどを使ったのは本当に数えるほど)

サーモスのタンブラーとケータイマグ

サーモスのタンブラーを使い続ける理由

もうそれは単純に、冷たい物は長い時間冷たいまま、熱い物は長い時間熱いまま飲めるという点です。
昨年の猛暑もサーモスのタンブラーで乗り切りました。

ちなみに、ものすごく汗っかきなので麦茶をたくさん飲みます。
そのたびに冷蔵庫を空けていると冷蔵庫の冷却が追いつかず、生鮮食品が傷みやすくなります。
そのため、夏場は1.2リットルの魔法瓶とのセットで使用しています。
(空ける回数が少なくなれば節電にもなるし)

魔法瓶を使っているならサーモスのタンブラーは必要ないのでは?と思うかもしれませんが、タンブラーの周りに水滴がつかないのが良いんですよね。

今年の夏はケータイマグが活躍する

今年は節電のため、7/1から日中に数時間自動販売機の冷却機能を一時停止しているそうです。
自分は7月になってから自販機でまだ未購入なので、どれくらいぬるくなってしまうのか分かりませんが、外出中でも常に冷たい飲み物を飲みたいですよね。
そんなときにはケータイマグがおすすめです。

自分が使っているのは500mlのタイプです。
今までは2~3時間程度のウォーキングのときに薄めのポカリスエットを入れて使っていたのですが、今年はウォーキング以外のときも持ち歩こうと思います。
(ポカリスエットは粉末のを使って作ってます。薄めに作るのは本来の濃度よりも体に吸収されやすいため。)

ケータイマグ
飲み口のあたりはこんな感じ。

写真は撮っていないですが、栓の部分を取り外すと大きな口径なので、大きめの氷でも入れることができます。

容量は500mlなので、500mlのペットボトルより少し大きいです。
(太さと高さ)

普段ペットボトルを買ってカバンに入れているのなら、
代わりにこのケータイマグを使うのはありだと思います。
ペットボトルの飲料を買わなければ節約にもなりますしね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ:ケイタイマグ サーモス タンブラー 



投稿者:やすたろ~ | トラックバック(0) | コメント(0)

ページの上へ
コメント
コメントの投稿





ページの上へ
トラックバックURL

ページの上へ









RSS

埋め込み型のRSSリーダーを配布しています。
php5バージョン
php4バージョン
あわせて読みたい


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

プレミアム バンダイ

マウスコンピューター/G-Tune


当サイト内の内容・コンテンツ・画像を無断で複製・転載・転用することを禁じます
Copyright (C) 2006- れびうぶろぐ All Rights Reserved.
Powered by Movable Type プライバシーポリシー